根拠のない自信だけで生きてきた

ふざけた事を真面目に考察するネタブログです

童貞はどんどん人に嫌われろ

童貞を滅ぼす会会長のジョニです。 童貞あるある言います。 ワンチャン狙ってみんなに好かれようとして〜ぇ〜 結局みんなに嫌われる〜! あると思います。 そこの童貞のお前。お前は誰にでも好かれようとしていないか? いいですか? 人に好かれるということ…

モテる男はみんな下ネタがうまい。下ネタは斬馬刀である。

どうも。モテ下ネタのプロことジョニです。 今日は下ネタのうまい使い方の話をしましょう。 なぜなら下ネタの話って面白いから! 下ネタはうまく使うとモテます。マジで。 下ネタを女性の前で話すのには抵抗があるのが普通だ。 ですが、使いこなすことができ…

『こぐまのケーキ屋さん』のバズを下ネタで考える

昨年ツイッターで大きなバズを起こし、今でもグッズ話題になっているカメントツさん作の『こぐまのケーキ屋さん』という作品をご存知だろうか? かわいい!癒される!と漫画が投稿されるたびに大量のいいねとリツイートがされる。ツイッター漫画では最高レベ…

残業はしない。たとえミスがあったとしても。

どうも糞真面目モード突入中のジョニです。 僕は残業を絶対にしない。 たとえ僕が原因のミスがあっても。それで顧客に迷惑がかかるとしても。 なぜなら【10時から19時の時間と労働力を会社に提供する。】 それが僕と会社の雇用条件だからだ。 僕は社会人とい…

結婚には妥協が必要。それなら僕は結婚なんかしない。

友人の結婚式に行った。 学生時代の友達の結婚式だったので同級生が大勢いた。そしてそのほとんどは既婚。 子供がいる人も多かった。 式を見て僕はふと、「結婚、いいなー」と言った。幸せな2人を見て羨ましく感じた。 すると、すぐ隣にいた久々に会った女友…

秘宝館をカップルにおすすめする理由は、性の卑猥さが薄れるから。

どうもこんにちは。 三度の飯よりエロが好き。ジョニです。 本日、熱海にある秘宝館に行って来ました。 今更秘宝館の話を書こうにも、内容はネットのそこらじゅうに転がっているので、 僕が書くことでもないけど、感動したから書きたいなーと思い、 感動した…

たった一つの明日からあなたの見た目が変わる方法

見た目に悩んでいる人。 たった一つ変えるだけであなたの見た目がかなり変わる方法があります。 マジです。これは。 整形とかよりよっぽど効果的。 しかも今すぐにできることだ。 今まで周りからキモいとか言われてた人も、マジで周りからの見え方が180度ぐ…

18までキモかった僕が激変したたった一つの理由

結論から書こう。意識を変えただけだ。 この話は僕の実体験を元の話だ。僕は20歳まで童貞だった。 今でこそそれなりにモテるようになったが、高校時代なんかはキモいと思われていたし、言われたこともあった。高校時代は本当に自分に自信がなく、外を歩くと…

すぐに出来るセックスレスの対処法と予防策

どうもセックスレスの救世主(メシア)事、ジョニです。 今日たまたまツイッターを見ていたら、2つもセックスレスのブログが回ってきたので、これはお告げかな?と思い、書いてみることにしました。 セックスレスだけが欠点の彼氏と最終的に別れた話 - mogusu…

仕事のストレスを9割軽減する方法

どうも。悪ふざけ屋代表ジョニです。 今日も糞真面目なり仕事論を語ります。 仕事論語るの楽しいよね。 あなたh仕事好きですか? 以前まで僕は仕事が大嫌いだったんですが、 最近はかなりストレスフリーで働けています。 なぜストレスがなくなったのかという…

書きたい記事の絞り方「なんで?」を繰り返すと答えが出る。

を教えてくれ。誰か。 と言っても誰も何も言ってくれないと思うので自分で考えてみることにしました。 糞真面目なブログのターン。 書きたいこといっぱいあるんですよね。ブログ。 文章書くの好きなんですよ。 こう見えて僕会社でもセールスライターっていう…

童貞は初デートで映画館なんか行くな

女性と初デートに行く。ここでのデートとは、その女性と初めて2人で遊びに行く場合の話だ。 さてどこに行こうか。 20歳過ぎならとりあえず飲みに行くか、それともカフェでお茶するのか?デートの定番映画に行くのか。 その正解を探って行こう。 一発やるだけ…

日本対ポーランドがいかに正しかったか。

前日の日本対ポーランド戦。 最後20分間を攻めずに終えたこと、そしてスタメンを6人変えたことでかなりの批判が殺到している。 ただはっきりと言わせてもらう。 あの戦いを批判する人は論理的思考ができない無能のバカ。 自分が楽しめるかどうかしか考えてな…

彼女と仲直りする悪ふざけ8選

プロ悪ふざけ屋ことジョニです。 大好きな彼女と喧嘩をしてしまった時、あのモヤモヤした感じ、嫌ですよね。 謝りたいけど謝りたくない、だけど仲直りしたい…。 本日はそんな時にオススメの、問題を先送りにする悪ふざけ8選をご紹介します。 悪ふざけという…

童貞は隠すべきか言うべきか

長年の疑問に今日私ジョニが答えを出します。 童貞は隠すべきか言うべきか理論 一般的に童貞は隠されることが多い。なぜなら男は見栄っ張りであり、 経験人数というのは一つのステータスになるからだ。 童貞はカッコ悪い。それが世の中の風潮である。 結論か…

童貞は根拠のない自信を持て

さてさて、本日は前回の記事 jo-nny.hatenablog.com という話に続いて、ではどうやって自信を持てばいいのか? という話をしよう。 自信を持つ方法なんて簡単だ。自分はカッコイイと思い込むだけだ。 本当にこれだけ。これだけで周りからの見え方もマジで変…

童貞の一番の問題は自信がないこと

このブログでは童貞と書いた方が面白い気がするので全て童貞と表記するが、処女も同様である。 まず童貞の一番の問題点を書こう。 それは、自分に自信を持っていないことである。 僕は恋愛もセックスも、自分自身を商品として考える。 あなたは例えば、何か…

このカテゴリーについて

このカテゴリーでは、童貞を滅ぼす会 会長ジョニが童貞をこの世から絶滅させるために、初体験までの道のりを書いて生く、童貞及び処女専用のブログとなっております。 つまり書いてある情報が有益であれば有益であるほど利用者が減るという不思議な仕組みで…

まだあったの?mixiで日記を書いてみた

約10年前。SNSの先駆けともなり、一斉を風靡したmixiをあなたは覚えていますか? 考えてみるとあの当時、まだインターネット自体がそこまで主流ではなく、mixiからネットを始めた人が多かった。それもあって、まだインターネットがビジネスの場という空気が…

女の子が好きだ(うんぽこ音頭は宙に舞う)

女の子が好きだ。 「いやいや。大体の男がそうだろう。何言ってるんだ君は」多分そんな事を言う人の思う女の子を好き具合を軽く超越するぐらい好きだ。もう友達も家族も兄弟も全員女の子だったらいいのにとすら思うぐらい好きだ。 と言うかもっと言うと男が…

ワンピースから見る童貞とSNS

インターネットの発展により、エロに触れる方法はとても容易になった。 無断転載などの問題はあるが、ほぼ無料でAVが見れる時代だ。それはとてもありがたく、素晴らしいことだと思っている。 だがそれに伴い、大きな問題がある。ツイッターを始めとしたSNSの…

エロ本とプライド

うちの父のエロに対する価値観はおかしい。 小学生の頃、両親の寝室の本棚にはロリ物のSMエロ漫画という普通なら見られたら人生終わりレベルの物が並んでいた。ロリ幼女の乳首にでかいピアスが付いてたのを覚えている。その頃は本気で親父頭おかしいと思って…

拝啓。「注射が好き」と言っていた松沢君。お元気ですか。

小学生の頃、友人の松沢君は予防接種の度にみんなが怖がる中、 「俺注射好きなんだよね。」 と言っていた。おそらく貴方の周りにもこういう人はいたんではないだろうか。なんなんでしょうかね、アレ。もしかしたら松沢君はガチホモで、AVでよく言うぶっとい…

死ぬまで性欲を持て余したジジイの話

前回の記事で「うちのじいちゃんが死ぬ1週間前までオナニーしてた話」を書くって言っちゃったにも関わらずその話をうっかりshortnoteで書いちゃったんでまんま転載します。 www.shortnote.jp 人間の3大欲求というのは弱まることはあってもなくなることって…

お風呂カフェ utataneは混雑を避ければ楽園だった

昨日唐突に上司から有給を使ってくれと言われ、元々の休みと合わせて急に二連休になった。 会社がシフト制ということがあり、基本的に連休は夏休みと年末年始ぐらいしかないんだが、突然の二連休。こらぁなんかしないと勿体無いと思い、前から気になっていた…

価値の下がるマンコと変わらないチンコ

マンコの価値が下がっている。それに対してチンコの価値は一向に上がらない。 本来チンコとマンコは相対するものである。男女の数がほぼ同数ということから考えても、どちらかの価値が下がればどちらかは上がるのが本来の形である。にも関わらず、チンコの価…

興味のない人と喋るのって楽しい

少し前までマッチングアプリをやっていて、数人の女性と飲みに行ったことがある。今風に行ったらマッチングアプリだが、要は出会い系アプリ。始める前は普通に生活していて男に相手にされないやばい人たちの巣窟と思っていたんだが、不思議なものであなた全…

イノシシの猪突猛進は嘘である

小学校高学年から中学生頭ぐらいまで、僕は反抗期が酷すぎたらしい。 地元が埼玉ながら秩父寄りの山の中のど田舎。小学校の時は親と喧嘩をしてリアルに山に捨てられた。 アレは小学校5年生ぐらいのある日。僕はその日もまた親と喧嘩をしてた。何が原因かは覚…

大きすぎるギャップは粋である

大きなギャップは事実を歪ませる 僕は以前まで、会社の遅刻常習犯だった。ほぼ週一。その事で何度も上司に怒られていた。 だがそれは去年までの話。僕は生まれ変わったのである。 今年に入ってからは寝る時間をかなり早くし、早起き生活に切り替えた。その結…

旧姓という文字にゾクゾクする

LINEの友達一覧の画面を眺めることがある。プロフィールに一言を入れる人BGMを設定してる人。お気に入りの歌詞や座右の銘、何も入れない人、様々な人がいるが、その中で異彩を放つのが【旧姓:〇〇】である。 この文字を見るとあっさりした文章とその重みにゾ…