根拠のない自信だけで生きてきた

ふざけた事を真面目に考察するネタブログです

残業はしない。たとえミスがあったとしても。

どうも糞真面目モード突入中のジョニです。

僕は残業を絶対にしない。

たとえ僕が原因のミスがあっても。それで顧客に迷惑がかかるとしても。

 

なぜなら【10時から19時の時間と労働力を会社に提供する。】

それが僕と会社の雇用条件だからだ。

 

僕は社会人というのは、自分の時間を会社に売っていると考えている。

その理屈の上だとそれ以外の時間を会社に提供する理由が一つもない。

 

もし残業をしないと評価が上がらないような会社だったら、

それに気づいた時点でやめる。

 

だって、その理屈が良しとされるなら、2時間で終わる仕事をだらだら進めて残業する人が増えるだろうし、僕だってそうするからだ。

 

特にうちの会社なんかは残業代がない。サービス残業である。

 

だから僕は必ずほぼ定時で上がる。

定時が過ぎ、キリがいいところまで進めたらその時点で速攻で上がる。

 

なぜならサービス残業することにメリットが一つもないからである。

 

ヒューマンエラーは会社の責任だ

残業はしないというのには同意してくれる人も多いと思う。

 

だが友人などに話すと、

自分が責任のミスだったらその修復のために残業はするべきという意見が多い。

 

でもね、これ間違ってると思ってます。

 

そもそもヒューマンエラーというのはどんな会社でも、誰にでも起きることだ。

そんなもん当たり前に想定できる。

 

想定できる事象なんだから、

業務時間内でそれも解決できる状況にするのが当然のことだ。

 

つまり、その形ができていないのは会社の責任なのだ。

だからミスを起こしたとしても、僕は平然と定時で帰宅する。

「明日やります」と言い残し帰宅する。

 

そして翌朝からそのミスの修復に取り掛かる。

顧客に迷惑がかかったところで、それは僕の知ったことではない。

 

もちろん、その後同様のミスが起こらないように、原因追求をする。

そして対策も行う。

だがそれらを行うのも当然定時の間だけだ。

なぜならこれらすべての仕事は、ほかの仕事と同様に通常業務の範囲だからだ。

 

もしこれが、僕が社長、もしくはフリーランスだったら違う。

当然夜通し徹夜をしてでも修復に当たるだろう。なぜならその場合には責任を取るのは全て自分だからだ。

 

だが、僕は現在は労働者だ。経営者ではない。

である以上、僕が会社に対して持つべき責任は、

就業規則の内容を守ることだけである。

 

就業規則に、ミスがあった場合休み返上、定時関係なく業務を行うこと。

なんて書いてある会社はないと思う。もしあったら労基へGO。

 

こんなのは僕からすれば全て当たり前のことなんだが、

なかなか納得を得ることができない。

 

もしあなたが経営者だった場合を考えてほしい

 

考えて欲しいのだが、もしあなたが友人Aに何か仕事を依頼して、

7月8日〜7月10日までの時間、作業をやってくれと言ったとする。

相手も了承してその時間きっかり作業をしてくれた。

 

期間終了後、上がってきた原稿を確認すると、一部ミスが発覚した。

これはやり直しを指示するだろうか?

 

もし指示をしたとすると、Aの仕事は7月8日〜7月10日に加えて、修正分の作業も加わることになる。そうなると元の条件であった、7月8日〜7月10日までの時間という前提が崩れてしまう。

その場合には当然+の作業料が必要になるだろう。

 

だが、うちの会社の場合、この+の作業量というのは発生しない。

残業代が出る会社であれば、ある程度考慮する部分ではあると思うが、

残業代が出ないということは、Aにはその分の料金は支払われないということだ。

 

この場合には、後から出てきた修正には、責任者が対応するのが当然である。

なぜならミスがあった場合の想定をしておかなかった責任者のミスだからだ。

 

Aは依頼された期間の作業は契約内容から見ると問題なく完了しているのだ。

 

もしこのような場合を避けたいのであれば、時間途中で上がった分から提出してもらい、その都度チェックして修正依頼をかける。

そして期間内に完成の状態に持って行くべきなのだ。

 

もしくは後から修正が出た場合の条件も付けておかないといけない。

そうでない場合には、Aはその後の仕事をする理由がない。

 

 

 

会社とあなたの関係性をよく考えて欲しい

 

 

会社とあなたの関係性は、

会社は働いてくれる従業員が欲しい。

従業員は働かせてくれる職場が欲しい。

 

これだけの関係だ。

 

つまりお互いがお互いを必要だから成り立っているのだ。

どっちが上も下もない。

 

会社という形式上、社員を評価するという形ではあるが、

評価に不満だったら社員はいつでも「やめる」という選択肢を持っていられるのだ。

 

だから、社員は会社のためになんて働く必要なんてない。

なぜなら、社員が働いているのは、間違いなく自分のためだからだ。

 

自分のために働いているにも関わらず、

自分の時間を無償で会社に提供するなんて意味がわからない。

 

僕は会社に対して、働かせてもらってるなんて気持ちは1ミリもない。

もちろんだからと言って、働いてやってるという気もない。

 

ただ、利害が一致したから務めているだけだ。

 

僕は今の日本の働き方は、働かせてもらってるという気持ちが強すぎると思います。

気に入らなかったらいつでもやめるぞ。

そんな気持ちを持ってた方が、仕事はとても楽なのになーと思います。